気ままにフリーライフ

気ままに好きなことを書いていきます。

【無料で読める!】進撃の巨人25巻をタダで読む方法を紹介するよ【びっくり仰天】

進撃の巨人25巻を無料で読める

進撃の巨人を無料で読めるよ!600円もらって無料

UNEXTという漫画サイトを利用すればサンプルも読めるし、無料トライアルでタダで進撃の巨人を読めます。

現在は進撃の巨人25巻をポイントを活用して無料で読む方法があります

現在は普通に進撃の巨人25巻を買うよりもあるサイトの無料サービスやポイントを使って無料で漫画を読める時代となっています。

日本には数多くの漫画サイトが存在していて、びっくりするほどの多くの漫画を取り扱っています。

スマートフォンを利用すればどんな漫画でも電子書籍で読むことができるのでとても便利ですよ。

是非無料や割引で進撃の巨人25巻を読んで無駄なお金を使わないようにしてくださいね。

無料のサービスを活用するとびっくりするほどお得に漫画を購入したに読むことができますので、使わない人は本当にお金を無駄にしていると思ってください。 

最近は漫画の無料サービスを展開しているサイトが増えている

最近は数え切れないほどの無料漫画サービスが展開されており、1000円から2000円ぐらいの金額で非常にお得な割引サービスやポイントサービスを使うことができます。

毎月3冊以上の漫画を読むのならば圧倒的にお得ですので、使わないのは非常にもったいないと思います。

スマートフォンが日本では圧倒的に普及しているので、スマホで利用できる漫画のサービスが数えきれないほどたくさん存在します。

無料で毎月ポイントが与えられるので、それを利用すると本当にお得に漫画を楽しむことができるのですよ。

普通で買うのがもったいないと思うほどお得なサービスばかりです。

定価で漫画を購入するのは損だし古いですよ

今の時代は定価で漫画を購入するのは本当にもったいないし損ですよ。

割引サービスやポイントサービスを有効活用しながら漫画を購入するのがベストで、漫画サービスを活用しない人は時代遅れの人となっていきます。

私も毎月相当多くの漫画を読みますので、進撃の巨人25巻も割引ポイントで無料で読みました。

皆さんも定価で漫画を購入しないで是非漫画サイトの無料サービスや割引サービスを使ってお得に漫画を読んでくださいね。

スマホで簡単に漫画を読める時代となりました

今の時代はスマホで簡単に電子書籍を読める時代となっていますので、 紙媒体の漫画を読む人は非常に少なくなっています。

いつでもどこでも持ち運びが自由でスマホがあればストレス無く自由に読むことができます。

本当に便利な世の中となりました。

皆さんも重たい紙の媒体の漫画を持ち運ぶのではなく、スマホ一台でどこでも自由に読みたいほうだいで楽しんでくださいね。

スマホ一台あるだけで好きなときに好きなだけ漫画と向き合うことができます。

今後はサイトのポイントを活用してお得に漫画を読みましょう

漫画のお得なサイトを利用すると毎月ポイントが配布されるようになります。

毎月の月額料金は必要ですが、それ以上に割引ポイントが有効活用できますのでお得に漫画を読むことが可能となります。

また漫画を購入するとポイントバックされるサービスもありますので、マンガを読めば読むほど割引や無料で漫画を購入できるようになります。

是非進撃の巨人25巻も漫画のお得なサイトで無料で読むことだって十分可能なのですよ。

定価の金額で進撃の巨人25巻を買うなんてもったいないだけです。

私の人生も漫画あるだけでバラ色人生です

私は子供の頃から家に漫画がたくさんあり毎月かなりの漫画を読んでいました。

漫画を読んでいると本当に夢の世界に入るようで幸せいっぱいに子供時代を過ごしていたことを思い出します。

大人になって社会人の生活が忙しくなっていますが、それでも暇な時間は家や外でスマホで漫画を読んでいますよ。

人生苦しいことがたくさんありますが、それはすべて漫画が癒してくれるはずです。

漫画と共に幸せな人生を送っていきたいですよね。

進撃の巨人25巻も本当に面白いですね

進撃の巨人25巻も本当に面白く何度読んでも楽しめますね。

こんなに面白い漫画があるなんて私も読み始めるまでは全く知りませんでした。

漫画は普通では起こり得ないことやありえないことが書かれていますので、自分にはできないことを追体験できるような気分で最高です。

漫画の世界の想像の中で生きていくことは、現実離れしていると批判されるかもしれませんが、それでも夢や理想の世界にいるようで最高に気分が良いです。

進撃の巨人25巻でもそんな世界をぜひ味わってくださいね。

進撃の巨人25巻のあらすじ

まずは進撃の巨人25巻のあらすじをわかりやすく紹介します。

あらすじ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。エレンらの住むパラディ島を長年にわたって脅かし続けたマーレ。そこには祖国を守るため、自分達の人権を守るために日々奮闘する者達がいた。彼らは自らの存在価値を示すため、パラディ島への「宣戦布告」を準備するがそこに現れたのは……。

引用:Amazon

進撃の巨人25巻のネタバレと感想

進撃の巨人25巻を選んだ人はどのような感想を持ったでしょうか?

読む前に事前にチェックしておくと便利ですよね。

ネタバレをしていますのでぜひチェックして楽しんでください。

ここからネタバレと感想

なんかもう、クライマックスみたいな戦いが始まっちゃって、そろそろ終わるのかなぁなんて思ってしまった。どう解決するんだろう…マーレで再会したエレンの姿にびっくりしたけど、ミカサやサシャも変わっていたからびっくりした。エレンがマーレで過ごしていた間、ミカサたちはどうしていたのか気になった。団員の制服も変わっていたけど、あれ、前のほうがよかったなぁ。兵長出てきてテンション上がったw 巨人同士の戦い、興奮した。

 

ステージの裏側で再会したライナーとエレン。覚悟のタイバー公が昔話から真実を語り、平和への反逆者エレンは涙のライナーを前に容赦なく進撃!広場で大暴れしたエレン巨人が戦鎚の巨人に押されたその時、ミカサが登場(イケメン!!)。ジャンもサシャもコニーも大人になって!兵長もお元気そうで何より!パラディ島の悪魔、巨人たちも大集合した戦いの末に滅びる悪魔はどっちだ?ファルコはライナーが鋼で守ったと信じてる!

 

巻を追うごとにサーガ化が甚だしい進撃物語なのだが、ここでの眼目は戦鎚の巨人と簒奪者となったエレン・イェーガーとの対決だ。戦鎚とは聞き慣れない用語だけれど戦うための古道具なのだろうか。英語だとウォーハンマー(war hammer)であるようだが、作品中のルビはタイバーとなっている。エレンは長髪青年となって老いた風貌をさらし、ミカサもすっかり大人びて逞しくなり、エレンのガード役を強靭にこなしている。

 

人類共存や世界平和だなんて、所詮夢物語だ。財力、武力、カリスマ……。何かしらの大きな力がある限り、そこは支配する側と支配される側に分かれるのが現実。パラディ島のエルディア人にとって、自由・希望の象徴であるエレンや調査兵団は、大陸側の人々にとっては未知の存在であり、恐怖の対象でしかない。無力な民間人が巻き込まれた今巻は、立場が変わった『あの日』だ。憎しみが憎しみを生むこの負の連鎖は、地表に立つ者が最後の1人になるまで終わらないのでは?この世に生まれてきたからには、死にたくない。誰もがそう思っているのだから。

 

ライナーとエレンの再開。世界逆転の現実は興味深かったです。エレンと戦鎚の巨人の対決。苦戦を強いられましたが、ミカサやリヴァイの登場で攻勢逆転。これぞ王道アクション漫画です。次巻は獣の巨人と対峙です。全て読んでいるわけではないですが、加速的に面白くなっている気がしましたね~。一気にラストに向けてスパートですかね?

 

綺麗事じゃ済まない、これが戦争ってことなんだな。みんな自分の国で家族や仲間と平和に暮らしたかっただけなのに…エレンも甘さが一切なくなって容赦ない。民間人もみんな殱滅させる勢い。ミカサの大好きなエレンとは少し変わってしまったのかな…しかしオールスター再集結の中見当たらない人が。アルミンはどこ??ガビに宿った憎しみの心のように、どこかで断ち切らないとずっと続くんだろうな…なんとなくわかってきたよでやっぱりよく分かりませんが、終わりも近いのかなと思いました。

 

フリッツ王の治世は、壁の中は平和だったのか?エルディア人は悪なのか?エレンが、ライナーに問う!戦争は互いに恨みを生み、止まることはないのか?エレンは首謀者を討とうとしているのか?しかし、世界が敵なのでは? 壁とは超大型巨人!あれ、動き出したら・・・防ぎようがないよなぁ・・・確かに世界の滅亡かも。

 

エレンとライナーが再会。始祖の巨人を継承したフリッツ王(パラディ島、壁内の王)の不戦の契りによって世界の平和は訪れたが、近年始祖の巨人はエレンに奪われ、フリッツ王の平和思想はエレンたちによって淘汰された。パラディ島敵勢力へ宣戦布告したヴィリー・タイバーをエレンが講演中に倒し、壁内vs壁外の戦争勃発。懐かしのメンバー達も登場。民間人を巻き込んでいるのが辛い。お互いが悪者に見えていて憎しみの連鎖が辛い。講演前のタイバーにアズマヒト家のキヨミが接触して「さて、行きましょうか」って怪しげに去っていったのが気になる

 

ついに始まった、”海の向こう”との激突。なぜ、どうしてここにエレンが、といった謎はともかく、お互い相容れないともいうべき存在同士の生き残りをかけた戦いというのは、すでに単純な善悪を超えたものになってしまったのか。開戦から巨人同士、立体起動vs近代兵器の戦いは久しぶりに迫力満点。ただ、倒しても倒してもなかなか死なない、どうせ倒せない、という引っ張る展開の連続になるようだといいかげんにしてくれと言いたくなるが・・・。

 

新刊出るし、と思い読んでなかった巻を読破。巨人が敵として描かれていたが、エルディア人という存在の判明で、誰が悪いとかがもう無いしわからない。エルディア人という存在が原因ではあるけど、いなくてもマーレはいつでも戦争してそうだし。巨人を殺す訓練をひたすら積んできた調査兵団のメンバーなので、マーレでも、全くひるまず立体起動で巨人に向かうのがとてもかっこいい。エレンたちがどういう信念を持ち戦っているのか、これからの展開がとても楽しみ。面白すぎます。

 

衝撃の再会。分かるやつには分かる緊張感がすごい。正義と悪は表裏一体。ようはどちらの側から見るか。世界が反転する。進撃してきた彼らが。ピークの気づきはイェガー呼びか?エレン怖すぎ。歴史の真実。この世界はどこも同じなんだ。違うと思うから、違うと願うから争いは生まれる。巨人化キター!ピークモテモテだな。戦鎚強いがミカサもヤバい。新ユニフォーム見慣れないせいかダサく感じる(笑)ミカサはマザーになったか。いきなりフルパワーの殴り合いか。テンション上がる。やるかやられるか。引き返せないところまできてしまったんだ。

 

なんかもう複雑になりわからなくなってしかも間が空いてるから、エレンがエレンとわかっていないくらいでした…久し振りに見るミカサもサシャもいい女になっててジャンもコニーも嬉しくて勿論兵長嬉しくて!エレンの雰囲気は色々な経験から落ち着いて見えたけど「敵を駆逐するまで」止まれない所は原点回帰というか…本能?絶対に正しくなければならない主人公ならここで犠牲は出さないんだろうけど、そんな事を考えていたら何も救えない程の状況な気もする。ミカサやジャンの中に描き得る作戦も知りたいけど…とにかくみんな、死ぬな。生き延びろ。

 

お互いの正義の為に、侵略しあい、殺戮が続く。こうなってしまうと、どちらが正しいのかなんてもう分からないし、ここに来るまでの間にどんなことがあったのか、ますます気になる。エレンは昔よりも巨人の力を使いこなしているようだし、ミカサとの関係も変わってる。ジャンの言う通り、もう走り出してしまったから、生き残らないと自分が何をしようとしていたのか分からないようなところまで来てしまっているのかなぁ。 それにしても、相変わらず兵長はかっこいい!

 

エレンが何をしでかすかハラハラしながら前半が進み、後半はエレン側が仕掛ける。ミカサたちも登場してやっといつもの進撃で読みやすくなった。エレン達がやってることはマーレと同じだけど、どちらが正しいとか悪いとかの話じゃないんだろうな。巨人を駆逐する目的が敵(人間)を駆逐するに移行するのが悲しいところ。

 

エレンが・・・。過去に自分たちがされたことと同じことをしてしまった。みんな同じ人間なのに、敵とはなんだろう。憎しみは連鎖してゆく。ライナーの精神がそろそろ本当に危なそう・・・。色々なことがもう後には引けないところまできてしまってる。

 

立ち位置によって、何が正義なのかがわからない。ライナーたち残されたエルディア人も壁の内側に住んでいたエルディア人も、そしてマーレ人にもそれぞれの正義がある。ただ、戦争とは勝ったものが正義、それだけは確か、だからこの物語は”皆が幸せになりました”的な結末は絶対になさそう……。エレンはどこに向かおうとしているのか、気になる……。民間人も巻きまれ、戦争って本来そういうものだと納得。でも敗戦国にはそれを非難する権利は無い。戦争とはそういうものだと深く納得。フリッツ王が「不戦の契り」を生み出したわけは深く悲しい。

 

救い、は?戦鎚が有能カッコイイ。エレンとライナーの語り、言葉数は少ないのに結果としてそれが全てだし、どちらから見ても立ち止まることが許されないのだと感じる辛さ。久方ぶりの兵長と成長した104期は素直に嬉しい。ジャンは相変わらず甘いようで。ミカサが一番のイケメンなのですがそれは。

 

読了。会話が多く盛り上がりに欠けていた「マーレ編」ですが、ライナーとエレンの邂逅により事態は一変。ついに全面戦争に突入。対巨人戦という部分では面白みに欠けていた「シガンシナ区奪還作戦」の時と違い、対女型以来の本格的な巨人戦。ますます描写が上手くなっていませんかね。エレンが常に冷静沈着で戦況を見定めておりこの4年で何があったのか非常に気になります。最後の9つの巨人「戦鎚」も登場。滅茶苦茶強い。パラディ島サイドのいつものメンバーも集結し戦場は次巻に持ち越し。非常に楽しみです。

 

又しても物語が大きく動く。展開早くなってきたなぁ。世界中のエルディア人への憎悪をひっくり返すためのシナリオは、エレンによってひっくり返され、ミカサやジャン、コニーなど調査兵団が王都強襲。「戦鎚の巨人」はタイバー家メイド!?ドユコト!?しかも半端ない強さで、エレン、ヤバし。そして、ジーク始め、「顎」「車輪」も参戦で大混乱。

 

世界を敵に回したパラディ島の面々(エレンたち)。しかし思惑は必ずあるはず。無茶とも取れるまさに進撃の行動は、ミカサやリヴァイが意味もなく受け入れるわけがありません。何より、4年後のアルミンがまだ登場していない。市民や子供たちをも犠牲にした今回の暴挙が、果たして何を目的としているのか。機動部隊が設置している明かりは何なのか。ジーク(獣)は味方じゃなかったのか(←私の勝手な思い込み)。サシャ、綺麗になったねえ。ライナー、もう楽になりな。色々ありすぎて、興奮冷めやらぬ状況です。ああ面白い。

 

唐突感は否めないけど。舞台をぶっ壊したシーンはついにここまでやってしまったかと思った。エレンの「仕方ないだろ」が重い。ライナーの贖罪が機械が欲しかったんだろうな。故郷に帰った途端、数々の罪を逆に光栄なことと持て囃されることで疲れているライナー、彼が思い出すベルトルトとアニとの記憶が悲しい。

 

タイパー公は、世界中の人類勢力を団結させるために、現世代の壁内人類を『人類共通の敵』に指定した。なるほど分かりやすい「物語」である。■既にエレン達はマーレに潜入開始してたのか。対人立体起動は使いやすいのかな。武装がバージョンアップして、巨人装備はほぼ雷槍に。リヴァイのブレードも短くなってるけど、威力は上がってそう。■戦槌の巨人登場。出力は超大型に匹敵しそう。

 

この巻でミカサたちも再登場して一気に話が進んで行くのかな。もう消えたいとまで言って精神的にボロボロなライナーに対してエレンはどこまでも突き進む覚悟をしているんだなと感じて怖くもあった。マーレまで攻めてきているけど復讐の為なのかな。エレンたちが悪役っぽく見える。最初の話の演説で語られている事が本当の歴史に一番近いんだろうけど、世代変わって当事者じゃないんだし殲滅を受け入れろって言われても抗うよな。着地点が気になる。

 

引用:読書メーター

ぜひ無料サービスを使ってください

それでは無料のサービスを思う存分使って進撃の巨人25巻を無料で読んでみてくださいね。

無料のサービスを使わないと本当にもったいないので是非とも利用するようにしてください。

現在では非常に多くの会員の方がサービスを利用して漫画人生を楽しんでいます。

是非お得ですので利用してみてくださいね。