気ままにフリーライフ

気ままに好きなことを書いていきます。

【ネタバレと感想!】弱虫ペダル5巻のあらすじもチェック【面白すぎる】

弱虫ペダル5巻のネタバレと感想

アニメの弱虫ペダルを全話無料で見たいなら以下のサイトがオススメです

弱虫ペダルアニメ

基本的にはこのU-NEXTを利用することでどんなアニメでも全話無料で見れます。

それどころか新作雑誌(70~100冊)、アニメや映画、ドラマやAVも見放題です。

 

上記のサイトは30~31日間無料体験があり弱虫ペダルやほぼ全ての漫画アニメを全話無料で見れます。(無料期間中に解約することで1円もかかりません!

実質無料で漫画や雑誌が読みめる上、アニメや映画、ドラマやAVも見放題というわけです!

実際どれも無料なので実際に自分で使ってみることをおすすめします。

どれも1か月無料体験して、

嫌なところがあれば即解約。それでお金は一切かかりません!

ちなみにU-NEXTは1分で即解約できます。

『U-NEXT』

U-NEXTは便利

作品数 13万作品+32万冊+雑誌70冊以上
作品数 無料体験期間中600p 翌月から1200p
コスパ 見放題作品圧倒的!
無料期間 31日間無料

総合評価

文句なし5つ星
一言 迷ったらこれにすればほとんど後悔はないよ

色んな漫画やラノベを読みたい人(全ジャンル合計32万冊有

ドラマや映画、アニメやAVも見放題が良い人

40%キャッシュバックされるので毎月漫画を買っている人は絶対にお得

弱虫ペダル5巻のあらすじ

まずは弱虫ペダル5巻のあらすじをわかりやすく紹介します。

あらすじ

個人練習で3年生・巻島と組むことになった坂道。“頂上の蜘蛛男(ピーク・スパイダー)”と呼ばれる巻島の圧倒的、かつ超異様なダンシングを見た坂道は……!?

引用:Amazon

弱虫ペダル5巻のネタバレと感想

弱虫ペダル5巻を選んだ人はどのような感想を持ったでしょうか?

読む前に事前にチェックしておくと便利ですよね。

ネタバレをしていますのでぜひチェックして楽しんでください。

ここからネタバレと感想

真波登場、合宿突入!P13の鳴子の、ひそかに練習してるのバレたらカッコ悪い!て言ってる顔がめっちゃかわいかった。アニメでいつの間にか消えてた古賀先輩が気になる。部員がアニメより多いぞ。そして手嶋さんがチリチリパーマすぎてどうにも気になるぞw/巻ちゃんの存在感が大きい!「自己流で速かったら、それ サイコーにカッコイイっショ」「突破するっきゃないっショ オレらそれしかないんだから」と名言連発で、坂道くんと一緒に憧れちまうぜ〜。

 

ウェルカムレースも終わり、今度は個人練習に合宿。得意分野で先輩と全力戦したり、得意な所を封じられての合宿だったり。というか杉元くんよ・・・2年生だから勝っていい。自信をつけさせる為だ。はいくらなんでも舐めすぎである。メイン3人以外の一年はほとんどモブ状態だから出ると楽しいは楽しいけど・・・。先輩達のキャラもどんどん出てきて燃える。巻島さん、パッと見の印象と違っていい人ね。他校の真波くんはきっとインターハイ辺りで再登場するんだろうな。3人だけ自転車に細工されてるけど壁を突破して1000キロ走破出来るのか!?

 

パッと見そんな感じに見えないのに、古賀先輩体力バカなんだ?!すごい意味深なコマで、個人的にめっちゃ好きなんですけど、今後彼にスポット当たるんだろうか…w合宿不参加だったし…。今泉には同じオールラウンダーの金城、鳴子にはスピードマンの田所、そして坂道にはクライマーの巻島をぶつける。巻ちゃん、不器用だけど優しい…!自転車でしか伝えられない…でも、余計なものを削ぎ落としたお陰で、坂道にもちゃんと伝わってる!ピークスパイダーの異名を取るまで、己だけを信じてストイックに登り続けるなんて凄い…。そして箱学!真波登場!

 

4日間で1000km走破という壮絶な合宿に突入!坂が楽しくないと絶望する坂道くんに先輩クライマーの巻島が指摘とアドバスのひとりごと。他人にとらわれることなく、自らのスタイルを見つけそれを貫けと。巻島のアドバイス、今後どういった形で坂道くんの糧になるのかな。新たな登場人物も!今後の展開が楽しみ!

 

今泉くんと鳴子くん、なにかとシンクロする2人(笑)。個人練習開始で、先輩方との実力の差を見せつけられる1年生。坂道のお相手は「自転車は回した分だけ強くなる」"ピークスパイダー"巻島先輩!!なんか嫌なヤローなのかなって思ってたら何よ、めっちゃいい先輩…!優しい!!もう、好き(笑)。見た目で判断してすみませんでした。合宿は超過酷。特に試練を課せられた今泉、鳴子、坂道の3人はクリアできるのかな??突破するっきゃないっショ!!

 

【レンタル】個人練習で各々の得意分野で先輩と全力勝負。巻島先輩が不器用ながらも優しい一面を見せてくれます。巻島先輩の言っていること、周りが何を言おうと己だけを信じて邁進しピークスパイダーと呼ばれるまでの経緯にも痺れます。今泉、鳴子とどう先輩を乗り越えてゆくか負けず嫌いで前しか見ていないところも良いですね。インターハイ予選が終わり、苛酷な合宿へ。途中、坂が大好きな箱根学園の真波との出会いもあり。各々、自転車に細工をされハンデを抱え4日間で1000km完走することができるのか?「突破するっきゃないっショ」

 

今泉と鳴子はそれで遭遇しないのが謎(笑)ちょいちょいみんな可愛い。最初巻ちゃん誰状態で、本編もまだ肩くらいだけど、表紙の巻ちゃんは完成系のお姿!!でも田所はまだ顔やばいままだな(笑)部活でも先輩との個人練に1000キロ合宿とハードになってきた!その中でも鳴子今泉はもう小野田と仲良しだもんな。本当かわいい。真波君はここで初登場。

 

【期間限定無料で読了】自転車は回した分だけ強くなる。個人練習では個々の得意分野をかけて先輩達と勝負することに。小野田くんの相手は3年生である巻島先輩。人と会話を続ける事が出来ない不器用さがあるも、常に気にかけてくれる優しさもあり…付いたアダ名“頂上の蜘蛛男”が語られる経緯も良い。予選では3年生の実力を目の当たりに。チームを引く田所先輩が格好良い。合宿ではハンデを追いながらも乗り切る3人に圧倒されました。自信のある得意分野を封じられてもなお耐えて走りきろうとするのは大変だろうなぁ…巻島先輩が何かと優しい。

 

<電子無料>個人練習で先輩とペアで走る事に。小野田君の相手は巻島先輩。ちょっととっつきにくいかも?って思っていたけれど、実は気を使って話しかけてくれていたり、アドバイスしてくれたり、無茶いい人だった(笑)自分の苦労話とカ、なんだか頑張る力をくれる先輩だ。口癖可愛いかも(笑)鳴子くんと今泉くんがやたらハモル(笑)みんな同じ目標に向かっているからだな~。しかしインターハイに向けてすでに戦いが始まっている!合宿先へ行く途中でへばった小野田君、坂道好きな真波君と出会いました。

 

電子書籍。RIDE.35~RIDE.43収録。自転車はたのしいのコーナー収録。上級生と1年のマンツーマンで行う個人練習で、3年のクライマー・巻島の『頂上の蜘蛛男』と呼ばれるダンシングを目の当たりにした坂道。さらに、合宿所へ向かう最中、車酔いで休憩しているところに偶然現れた神奈川・箱根学園のクライマー・真波山岳に助けられたことで、坂道はますます坂への情熱を持つ。だが、伊豆のCSPで行われる合宿は、4日間で1000kmを走破するという過酷なものだった――。口下手な巻島先輩も、さわやかな真波くんもとてもいい!

 

3年がスゴい。いきなり話がインターハイレベルへ。あと巻島君が外見上イヤなヤツそうなのに良い奴なのが意外。期間限定で無料で読んだが再生不能となり感想を書くために見直すことができない。やむなく手抜きモード。というか感想後日で放置してる他の本より手厚いじゃない?という自己ツッコミ。結局5巻までしか読めなんだ。

 

修行もといトレーニング編。授業ほっぽいて行ってしまうの憧れる。夢中になれる物に突き進んでるのが良い。このトレーニング量が漫画的誇張なのかあり得るのかは分からないがめっちゃ鍛えてるのはイメージできる。得意を封じた機体でのトレーニングは実際に有効なのだろうか。いや重石つけての筋トレみたいな感じか。

 

図書館本。 インターハイが始まります。先輩たちの名前と個性がわかってきました。あの体がデカイ先輩はスプリンター何て、びっくり~。 怖そうだったけど、何だかんだ優しい先輩たちだね。自転車バカばっかりだけど! 今泉くんと鳴子くんは意外と気が合ってて笑えました。考えてることが一緒って感じでタイプは真逆だけど、一番分かり合ってるかもね。

 

引用:読書メーター

漫画を読むとなんだか幸せになりますよね

私は子供の頃から漫画が大好きな少年で、家に漫画が何百冊もあった生活を送っていました。

大人になっても漫画愛は全く衰えることはなく、今でも本屋さんに行って漫画をチェックするのが趣味ですね。

大人になった今でも社会人として仕事が忙しく、なかなか思ったような自由がないのですが、漫画を読むとその想像力の中に溶け込んでいて自由になって気がしますね。

漫画文化はこれからもどんどんと成長していき、多くの人が楽しめる想像力のある漫画を書いて欲しいと思います。

もう漫画なしでは生きていけない

もう私は漫画なしでは生きていけない人間なので、今回の弱虫ペダル5巻でも思う存分そのストーリーや内容を満喫したいと思います。

自分にはできなかったことがマンガの中では成立する世界ですので、まるで自分が主人公になったかのような感覚に陥りますね。

弱虫ペダル5巻も大変面白い漫画で今後とも楽しみながら読んでいきたいと思います。

皆さんも毎日の生活が面白くない人も多いと思います、漫画の世界で思う存分楽しい時間を過ごしてくださいね。

最近ではスマホで漫画が読めるので便利

最近では家の中でスマホで電子書籍を購入しながら漫画を読むことができる時代となりました。

昔では考えられなかったような時代が来ていますので、漫画を読むのもどんどんと楽になりお金もかからなくなってきます。

私たちの小さい頃には本屋さんに行って漫画を購入していた時代ですので、家の中は漫画だらけでしたよ。

最新刊が出る頃はもう学校で楽しみで仕方がなく、授業が終わるとダッシュで家に帰り本屋さんに直行していました。

いつの時代も漫画は私たちを救ってくれる最高の娯楽ですので、今後も漫画と前向きに付き合いながら幸せな時間を満喫したいものですよね。

弱虫ペダル5巻のネタバレと感想まとめ

それでは弱虫ペダル5巻のネタバレと感想をお伝えできたと思います。

事前にどんな内容か感想を読んでおくと購入するかどうかの判断になりますよね。

弱虫ペダル5巻は本当に最高に面白い漫画なので是非電子書籍で購入したり漫画が読めるサービスに加入して思う存分楽しんでください。

私も仕事が終わったら毎日2時間ぐらい漫画漬けの毎日を送っています。

コーヒーとタバコを吸いながら漫画を読んでいる時間が私にとって最高の時間なのです。

それでは弱虫ペダル5巻楽しんでくださいね。