気ままにフリーライフ

気ままに好きなことを書いていきます。

【ネタバレと感想!】弱虫ペダル17巻のあらすじもチェック【面白すぎる】

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想

アニメの弱虫ペダルを全話無料で見たいなら以下のサイトがオススメです

弱虫ペダルアニメ

基本的にはこのU-NEXTを利用することでどんなアニメでも全話無料で見れます。

それどころか新作雑誌(70~100冊)、アニメや映画、ドラマやAVも見放題です。

 

上記のサイトは30~31日間無料体験があり弱虫ペダルやほぼ全ての漫画アニメを全話無料で見れます。(無料期間中に解約することで1円もかかりません!

実質無料で漫画や雑誌が読みめる上、アニメや映画、ドラマやAVも見放題というわけです!

実際どれも無料なので実際に自分で使ってみることをおすすめします。

どれも1か月無料体験して、

嫌なところがあれば即解約。それでお金は一切かかりません!

ちなみにU-NEXTは1分で即解約できます。

『U-NEXT』

U-NEXTは便利

作品数 13万作品+32万冊+雑誌70冊以上
作品数 無料体験期間中600p 翌月から1200p
コスパ 見放題作品圧倒的!
無料期間 31日間無料

総合評価

文句なし5つ星
一言 迷ったらこれにすればほとんど後悔はないよ

色んな漫画やラノベを読みたい人(全ジャンル合計32万冊有

ドラマや映画、アニメやAVも見放題が良い人

40%キャッシュバックされるので毎月漫画を買っている人は絶対にお得

弱虫ペダル17巻のあらすじ

まずは弱虫ペダル17巻のあらすじをわかりやすく紹介します。

あらすじ

集結する王者・箱根学園!! 追い上げる総北!! 追い込まれた御堂筋が発動する“段階(フェイズ)49”とは!? 激動のインターハイ2日目、クライマックス!!

引用:Amazon

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想

弱虫ペダル17巻を選んだ人はどのような感想を持ったでしょうか?

読む前に事前にチェックしておくと便利ですよね。

ネタバレをしていますのでぜひチェックして楽しんでください。

ここからネタバレと感想

先行していた東堂・福富に残りのハコガクメンバーが合流。そして更に総北も追い付く。インターハイ2日目のゴール争いは激化。フラつく坂道を支える鳴子と今泉。総北を引く巻島に対抗して真波と交代する東堂。全員で交代しながら引く総北、熱いです。山頂に到着し、エースとアシストが飛び出す。ハコガクはエースアシストの荒北が封じられるも新開がアシストに。クランクで落車しそうになった石垣を捕まえて支えたのは御堂筋。ゴールまで残り1km。

 

ハコガク格好いいぃぃぃぃ。総北が来た!!今泉が復活したなぁ。小野田くんを支えるシーンは良いね。東堂さんの「下がれ真波、オレが引く!」のシーン格好よすぎてまた惚れた。田所さんも完全復活!!巻ちゃんと殴りあってるコマがきゅんとする。そして新開さぁぁぁん!!ふっきれ今泉君イイ眼をしてるね!石垣さんのお陰で御堂筋君の印象が少し良くなった。同じジャージを着てる限り…仲間なんだな…。あぁもう熱すぎるぜ!!

 

IH二日目④ ヘロヘロになった小野田君を支える鳴子君と今泉君。助け合いながら走っていく姿は感動。2日目ラスト4キロで飛び出したエースとアシスト。箱学は新開君がアシストとはv 復活嬉しい。しかし、御堂筋君の今泉君をいじめすぎだな。なぜそこまで(笑)スカシ相手に「6枚揃って完成形」と話してる金城さんしびれます。やっぱ高校生にはみえん。2日目ラストに向けて京伏・箱学・総北の三つ巴の闘いに目が離せません。地味に京伏の石垣さんもかっこいいし、御堂筋君が助けたのにびっくりしました。御堂筋くんにも熱い絆がめばえてるの?

 

インターハイ編2日目。一度はバラけた箱学も、そこはやはり王者。そして、そこへ飛び込む諦めない男達、チーム総北☆もぅ、この見開き全面に彼らが描かれてるシーンが大好き☆ここにきての、一年生三人の友情シーンが本当に涙。。アニメではここで終わってたから、ここからは一度深呼吸して・・・。続きいきます!!御堂筋の発動するフェイズ49がなんなのか、すんごく気になってたけど、、まさかですよね☆そして、、そのまさか・・・からのもぅ、、新開さん!!もぅ、カッコ良すぎる☆この、エーススプリントって言葉だけでゾクゾクしちゃうww

 

電子書籍。もう凄いという感想しか出てこない。箱学VS京伏に食い込んできた“絶対に諦めない男たち”総北! 6人総力戦でぶつかる総北と箱学の戦いは見ていてとても気持ちがいい♪ 残りゴールまで4㎞、みんなの意志、想いを乗せてエースとアシストが前に出る。やだもう新開イケメンだわ♡ 石垣が健気過ぎて泣けてくる… でもね今泉も強く成長してますよ。「想いは届く」だよね!

 

貫禄を見せつける王者!"絶対にあきらめない男たち"の参上!三つ巴の戦いはゴールへと加速する。小野田くんを支えるメンバーたち、迅先輩の復活、見開きドドドドのページの勢い、支え合って走ること、"全力と全力の闘い"。譲れない気持ちのぶつかり合いに興奮する!!あと1キロ!どうなる?!

 

再読。ゴールを争う箱学と京伏に追いついた、絶対に諦めない男たち。ここから三つ巴の戦いに。仲間たちの思いと、これまでの走りを背負ってアシストとエースが飛び出す。ゴールまでは、あと僅か。チームに救われた今泉がチームのために走る。エースを、チームのジャージをどこよりも速くゴールへ届けるために、今泉も新開も石垣も全力でエースを引く。がまんの石垣、かっこいいよ。形は違っても、ゴールを目指す気持ちは御堂筋と同じ。あと250メートル引いてくれるアシストが必要だからだとしても、石垣を助けてくれてありがとう、御堂筋。

 

御堂筋くんは魚釣りゲームの魚の歯みたいな顔してますね! さて、1人はみんなの為にみんなは1人の為に、って言葉を思い出した。チーム戦は熱いね。皆の想いが熱いよね。新開くんが食べてるバーは包み紙が飛ばないのと、口から落とさないのが気になります。あと、1人の体を支えたまま自転車って乗れるんだとか、あんな細いタイヤで手放しできるんだとか←論点ズレた(笑)

 

総北もようやく追いついて状況は三つ巴。今泉も一仕事の前にようやく元に戻ってきたかな。御堂筋の予想が外れた時の狼狽え方が新開との一件で最早本気なのか演技なのかわからない。一体どこまでが御堂筋の描いたシナリオ通りなのか、そこでこの2日目の勝敗が決する。御堂筋は間違いなくヒールだが、京伏の他のチームメイトの境遇を考えるとどのチームも負けて欲しくないそんなクライマックス。エースって肩書き以上に重いもん背負わされるんだな……。

 

混戦のゴール前、総北、箱学、京伏の2日目クライマックスを描く第17巻。ゴールまでの展開を綿密に組立て、その上で個人の実力をも見せつける御堂筋の思惑はここで崩れ去る。絶対的な王者の貫録を見せる箱学。チーム全員でゴール争いに食らえ付く総北。両校の驚異的とも言える「強さ」は狂人じみて見えてもレース全体を冷静に分析していた御堂筋に全ての計算を捨てさせる。この巻は本当に見どころ満載!ゴール前の戦いだという事もありますが、今泉の復活や石垣の頑張りなど読みごたえを感じます。手に汗握るレースの描写は本当に素晴らしい…

 

2日目ゴール前をまた総北、箱学、京伏でねらう。迫力がすごい。どこも一歩も譲らないまっすぐゴールだけを見た走りに心が熱くなる。御堂筋の驚いた顔がこんなにみれるとは。荒北さんの口悪いのによくくみ取って、よく鼓舞させて、動じないな所本当かっこいい!今泉くんはよく振り切ったな。小野田までささえる心の余裕ができたし、1日でよく成長したなぁ。とりあえず2日目ゴールまでがんばれ〜。

 

【期間限定無料で読了】先輩や後輩の上下関係なく信頼し合って頑張れるのって凄く青春だなぁと。こんな素晴らしい部活仲間が居るのが羨ましいことこの上無い。金城先輩のオーダー通りに小野田くんはチームを全員揃えた状態で、また今泉くんも何処か吹っ切れたようで良い調子。6人全員が揃ってこそのチーム!総北は遂に調子に乗って来たのかなぁ…と。またまた前日同様、箱根学園と総北に京都伏見のゴール争い。どのチームも他に負けないように影で努力して来てるから、どのチームにも頑張って走りきって欲しいと言う思いが拭い切れないんだよなぁ。

 

【レンタル】金城のオーダー通り先頭集団までチームを運ぶ坂道。1人が倒れそうになったら仲間がそれを支える。読んでて熱くなります。インハイ2日目のゴール前は総北、箱根学園、京都伏見の三つ巴の戦いに。ラスト4km、チーム全員の意思を背負いエースとアシストが飛び出す。チームに救われた今泉、エーススプリンター新開、総北、箱学に離されないように根性で喰らいつく石垣。チームのジャージをゴールに運ぶ為の熾烈な戦い。総北だけに拘らず箱学、京伏とチームの内情を描かれている為つい感情移入してしまい、どのチームも応援したくなる!

 

引用:読書メーター

漫画を読むとなんだか幸せになりますよね

私は子供の頃から漫画が大好きな少年で、家に漫画が何百冊もあった生活を送っていました。

大人になっても漫画愛は全く衰えることはなく、今でも本屋さんに行って漫画をチェックするのが趣味ですね。

大人になった今でも社会人として仕事が忙しく、なかなか思ったような自由がないのですが、漫画を読むとその想像力の中に溶け込んでいて自由になって気がしますね。

漫画文化はこれからもどんどんと成長していき、多くの人が楽しめる想像力のある漫画を書いて欲しいと思います。

もう漫画なしでは生きていけない

もう私は漫画なしでは生きていけない人間なので、今回の弱虫ペダル17巻でも思う存分そのストーリーや内容を満喫したいと思います。

自分にはできなかったことがマンガの中では成立する世界ですので、まるで自分が主人公になったかのような感覚に陥りますね。

弱虫ペダル17巻も大変面白い漫画で今後とも楽しみながら読んでいきたいと思います。

皆さんも毎日の生活が面白くない人も多いと思います、漫画の世界で思う存分楽しい時間を過ごしてくださいね。

最近ではスマホで漫画が読めるので便利

最近では家の中でスマホで電子書籍を購入しながら漫画を読むことができる時代となりました。

昔では考えられなかったような時代が来ていますので、漫画を読むのもどんどんと楽になりお金もかからなくなってきます。

私たちの小さい頃には本屋さんに行って漫画を購入していた時代ですので、家の中は漫画だらけでしたよ。

最新刊が出る頃はもう学校で楽しみで仕方がなく、授業が終わるとダッシュで家に帰り本屋さんに直行していました。

いつの時代も漫画は私たちを救ってくれる最高の娯楽ですので、今後も漫画と前向きに付き合いながら幸せな時間を満喫したいものですよね。

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想まとめ

それでは弱虫ペダル17巻のネタバレと感想をお伝えできたと思います。

事前にどんな内容か感想を読んでおくと購入するかどうかの判断になりますよね。

弱虫ペダル17巻は本当に最高に面白い漫画なので是非電子書籍で購入したり漫画が読めるサービスに加入して思う存分楽しんでください。

私も仕事が終わったら毎日2時間ぐらい漫画漬けの毎日を送っています。

コーヒーとタバコを吸いながら漫画を読んでいる時間が私にとって最高の時間なのです。

それでは弱虫ペダル17巻楽しんでくださいね。